2013年11月04日

一回休み

昨日のニチアサタイムは駅伝で潰れてました。
こういう事があるたびにいつも思う事があります。それは・・・


レコーダーの予約、『一回休み』に出来れば良いのに!


潰れていると分かってるのに、むざむざ録る事になるもどかしさ・・・!

いやまあ、そんな事でそうそうHDDがへたりはしないでしょうが・・・
でも、容量が(一時的に)減るじゃないですか!

いつもHDD満タン近い状態で使ってる身としては、
何時うっかりその後に容量不足が起きてしまうか危なっかしくて
仕方がないじゃないですかーッ!!(こまめに減らしなさいょ´・ω・`

『一時停止』とかでもまあ良いのですが、それだと再開し忘れる恐れも。
自動判断も信頼しきれなそうだし、まあ手動でやる事は厭いません。
そんなわけで『一回休み』機能、あれば良いのになーと思う次第です。

もしかしてメーカーや機種によってはとっくにあったりするのかしら?


・・・てなわけで、一回どころか5年以上(!)も休んでしまいましたが、
無くなってたやる気も微妙に回復してきたのでとりあえず再開してみました。
ぼちぼちまた時々更新していきたいかなーと思います。
ではではヽ(´∀`)ノ
posted by へこ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

もすこし堪えてよアマゾン

最近アマゾンが堪えてくれません。とほー。

一体何をかと言うと、「一括注文」 形式で一度に複数の品物を注文した時にまだ未発売の物が混じっていた場合、本来なら全ての品が確保されるまで発送はしませんよね。なのに何故か一部が確保された時点でそれだけ先に分割発送されてしまう事が増えたのです。

以前から時々ありはしたんですけど、最近やたらと頻度が高くなったような…。気のせいなのかなー。自分だけ? まぁ余計に送料とられるわけじゃないから良いっちゃ良いんですが、受け取り回数が増えるのが少々面倒ではありますのよな(^^;

勿論、この方が望ましいって人も多いとは思うんですけどね…。とはいえ、出来たら 「絶対一括」 と 「状況に応じて分割可」 を選べたら尚良いんじゃないかなーという気はします。
posted by へこ at 04:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

西が左で東が右で

エスカレーターの追い越しマナー(?)は 「関東は右側、関西は左側を空けておく」 というのが有名ですよね。なんでも岐阜県辺りが境界で、そこでは右派も左派も半々位なんだとか。なんか蕎麦つゆを髣髴とさせて面白い話ですが…エスカレーターの方にも何某かの文化的な背景があるんですかね?

で、ネット上で調べてみると、幾つかの説が散見されました。

【1】自動車の影響(車は右側が追い越し車線だから)。関西が逆なのは、大阪万博の影響のため(諸外国は左側が追い越し車線)。

【2】大阪万博の際、主に左空けが標準だった欧米諸国にならったため、関西ではそれが定着。その後エスカレーターが増えるににつれ、関東では従来からの習慣(追い越しは右側)によって逆となった。

【3】武家社会の頃は、武士同士がすれ違う時、刀の鞘が当って喧嘩にならないように、人は左側通行だった。昭和になって道路交通法で人は右側通行、車は左側通行に変更された。関西は古い慣習を残し、関東は新しい習慣に従っている。

…こうしてみると、いずれの説にせよエスカレーターでの追い越しってかなり早くからあったんですかね。もっと最近の話かと思ってました。【3】の説がエスカレーターの追い越し者を 『歩行者』 になぞらえてるのか 『追い越し車線』 になぞらえてるのか判別付きませんが…まぁ、どれもそれっぽくはあるけど、腑にまでは落ちない、と感じるのは自分だけでしょうか。多分交通ルールが元になってるのは間違いないと思うけど、ならなぜ西と東で逆になるのか? そこには歴史的経緯だけでなく、もっとこう… 『気質』 に根差す理由があるんではないか?

関東人である自分からみて、関東の 「追い越しは右」 ルールのベースになっている感覚は十中八九 『車同士の場合、追い越しは右』 だと思います (もしかしたら 『歩行者は右』 も並立してるかも)。これは 『左側に立つ人=普通に走ってる車』 『右側で追い越す人=スピード上げて追い越してる車』 というなぞらえであり、そこには左側がノーマル、右側がイレギュラーという感覚があると思います。

では関西は何故 「追い越しは左」 になるのか? …全くの憶測ですが、そのベース感覚は 『車は左、人(歩行者)は右』 じゃないでしょうか。関東の場合は 『車同士』 ですが、関西の場合は 『車と人』 の関係です。そして車社会的に考えれば、ノーマルなのは車(左側)の方であり、人(右側)はあえてスピードを落としているイレギュラーだ、となぞらえられます。

…つまりエスカレーターにおいて、関東では歩かない事が、関西では歩く事がデフォルトなんじゃないでしょうか!? こう考えると、地域的な気質を背景にしたある意味で腑に落ちる筋立てになると思うのですが、どうでしょう! …いや、どうでしょうって言うには余りに大雑把なんですけども(汗)。てゆーか、もし関西の人の気質を見誤ってたらスミマセン(^^;

そもそも日本だけ見ても 『関東・福岡・北海道・長野・岡山は右空け、関西・仙台は左空け』 だったり、その手の習慣の無い地方も多いなど、わりに複雑らしいですし…外国でも 『ロンドン・ワシントン・ボストン・香港・ソウル・モスクワの地下鉄は左空け、シンガポール・オーストラリア・ニュージーランドは右空け。国際的には左空けが多数』 で、必ずしも交通ルールとは一致しないようです。もしこれらの大半がその土地の人の気質と関連するなら先の説も有力になるかもしれませんが…まぁ、それは無いでしょうね(^^;。もしそうだったら面白いんですけどね〜。


≪参考≫
エスカレータ - Wikipedia
ITコンシェルジュの Try ! & Error ? > エスカレータは歩行禁止?!
@nifty:デイリーポータルZ:エスカレーター、右側に立つのか左側に立つのか


…余談ですが、交通ルール的なものとは全く関係の無い所での気質的・文化的理由も考えられますね。例えば 『左右どちらの手を空け、どちらの手で手摺をつかみ、どちらの手に荷物を持ちたいか』 『どっちの肩に荷物をかけるか』 みたいな。
posted by へこ at 18:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

CDケースのコツ

いまさら聞けない?! CDケース「本当」の開け方!
http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU20060125A/index.htm

凄ぇぇぇぇ!!! ホンットにすんなり余りにも何の抵抗も無く開いた! 感激!!!

ってまぁ、知ってる人にとっては何を今更なんでしょうけどね…(^^;。でも実際、知らなかった人はそれなりにいるんじゃないでしょうか? あ〜もう、なんで今まで知らなかったんだろう! ケースに説明書でも付けといてくれれば良いのに(それも何か?^^;)。つーか、なんか如何にも伊藤家の食卓とかで紹介されてそうだけど…元々そう作られてるってんだから、別に『ウラ技』じゃないわけよね。トリビアならアリか。


続・今さら聞けない! CD「本当」の取り出し方!
http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU20060205A/index.htm

これもさっきのほど目からウロコじゃないにしろ、こうしてハッキリ方法論として提示してもらえると結構ありがたいかも。今まではその時ごとになんとなくな方法で取り出してて、上手くいったりいかなかったりしてたので…。ディスクをたわませながら取ると、なんか長持ちしなくなりそうで怖かったんだよねー(^^;
posted by へこ at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

新東京タワー

少し前のニュースですが…

あなたはどれを選ぶ? 『東京EDOタワー』など新東京タワーの名称候補が決定
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/03/19/051/
狙いすぎ!? 疑問の声あがる“新東京タワー”の名称候補
http://www.cyzo.com/2008/03/post_434.html
2008.4.1〜 新タワー ネーミング全国投票、はじまる。
http://tower-naming.jp/index.html

 ・東京EDOタワー
 ・東京スカイツリー
 ・みらいタワー
 ・ゆめみやぐら
 ・ライジングイーストタワー
 ・ライジングタワー


…見事にどれも微妙ですね。正直この中から選べと言われても…。しかも公募の上位20位群を見ると、そのまま採用されたものはひとつも無くて、要素をつぎはぎした感じ。『ゆめみやぐら』に至っては影も形も無いし(笑)。

であれば、今から更に上の6案をつぎはぎすれば、ちゃんと候補から選んだ事になるんじゃないか? …というわけで、こんなのを考えてみました。


・東京みらいジングタワーEDOみやぐら


──どうです、6案の各要素を遺憾なく拾い上げたこの妙案は! …ダメですか。ダメですよね。確かに『スカイ』と『イースト』を入れ損ねてるしな〜(違

うーん、やっぱ今からでも1から考えさせてくれないですかねぇ。というわけで、無駄と知りつつ幾つか考えてみましたよ。

『サムライジングタワー』 『フジヤマタワー』  ←外人にはウケるかも?
『東京タワーMk-II』 『ネオ東京タワー』  ←30代後半が一度は考えそうなネタ。
『蜘蛛の糸』
『大江戸一本槍』  ←なんか江戸っ子っぽい感じで。
『大江戸ロケット』
『俗・東京タワー』  ←絶望した!
『東京バビロン』  ←展望台で「ここには人間なんていないよー!」ごっこが流行ったり(しません
『ロングホーン』  ←MSをスポンサーに。
『ユニコーンタワー』  ←ユニコをマスコットに。
『ジャイアントコーン』 『とんがりコーン』  ←ネーミングライツとかで。
『新・通天閣』  ←意外性を狙ってみました。

え〜と…なんだかもうどうでも良くなって来ました(^^;。とりあえずこうして考えみててなんとなく、上位20位に『東京タワー2.0』が無いのって微妙に意外だな〜、と思った次第です。
posted by へこ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

車2.0

真横走行でラクラク縦列駐車――日産コンセプトカー「ピボ2」
http://plusd.itmedia.co.jp/d-style/articles/0710/05/news114.html

イイですね、これ…! 一度は完成し進化の止まった 『車』 というシステムの正統なブレイクスルーという気がしますよ(言い過ぎ?)。

中でも密かに心惹かれるのが、ダッシュボード上におわしますロボッティック・エージェント…!(そこかい) 記事にあるようにNECのPaPeRoがベースみたいだし、これってまさに 「Xウイングに搭載されたR2-D2」 状態じゃない!? う〜んロマンだ。ゆくゆくは車を降りてからも主人について来たりして…w いつかは誰もがマスコットロボを秘書として付き従える時代が来るのかなぁ。形態としてはPaPeRoの他にもハロ (00でもそういう使い方してるね) とかタチコマなんてのも有り得そう。

タチコマ、“電脳超合金”になる
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0710/11/news089.html
バンダイ、PCと連動して遊べる「電脳超合金タチコマ」を2月に発売
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/10/685.html
電脳超合金「タチコマ」に会ってきた
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0710/12/news123.html

…つーかアレだ、もういっそ車自体をタチコマに近付けちまえって気もしますわね。走破性能は飛躍的にアップ! ただしコクピットの快適性が課題です(笑)。まぁ、そもそもこれは車じゃなくて思考“戦車”だし……戦車…ん? 戦車…??

ホンダ、軟らかい車「PUYO」発表
http://www.asahi.com/business/update/1009/TKY200710090433.html
ホンダァーが柔らかい車「PUYO」を発表
http://10e.org/mt2/archives/200710/110424.php

…そっ、そういう事か…ッ!(何がだ) なんか知らんけど要素は揃った! あとはちくわキャノンを装備して、バックの時に 『退却ーッ!退却ーッ!』 というアラームを鳴らすだけですね!

…それにしても、このPUYOの最も注目すべき点はコンセプトよりもむしろその名前かもしれない。
posted by へこ at 06:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

ハ○○○王子

やれハンカチだのハニカミだの、最近急速に“王子”が台頭して来てますが、これってやはり長らく 『スポーツ界』 に欠け潜在的に待ち望まれたアイドル男子選手の登場に皆が飛びついた、という事なんでしょうね。助走としてはヨン様や氷川きよしとかが先行してた気もするけど、これには“王子”って付かなかったし。女子にはアイドル選手多かったんだけどねー。あ、そういや女子選手は“姫”とか呼ばれてませんな?

…で、なんで今更こんな事を書いたかというと、今日の昼間NHKをつけてたら高校野球の地区予選がやってて、それが 「八王子vs創価」 で、八王子選手の胸に書かれた 「八王子」 がもはや 「ハ○○○王子」 の略に見えて仕方ない自分がそこにいた…という事をご報告申し上げたかった次第なのです。

ああ、汚された気分。
posted by へこ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

空調戦線順調ナリ

かつて最初に紹介記事を見た時は 「うわー、こりゃまた力押しの物が来たなぁ」 と誰しもが思ったであろう空調服ですが、クールビズと同じく意外にも長続きしているというか、着実に商品展開を広げているみたいですね。

・手術服も長ズボンも「裸より涼しく」 「空調服」に今年も新作
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/27/news095.html

>従来のタイプに加え、ニーズの大きかったズボンタイプも発売。応用範囲はレインコートや手術服にまで広がっており、ホンダのバイクウエアにも採用された。

>同社にはさまざまな分野から 「空調服化」 の声がかかるという。その1つが医療分野。手術中、医師は密閉性の高い手術服を着用しなくてはならないが、患者は裸で寝ているため室温を下げるわけにはいかない。


そこで通常の空調服の上に手術服を重ねる事にし、ファン部に空気が通るよう専用スペーサーを開発したとの事。よもやこんな高尚な舞台にまで進出するとは…。同じ方法でレインコートなど色々と応用できるらしい。空調雨合羽ってのは良いですね。

あとアレだ。アトラクションや特撮の着ぐるみ関係の人なんて、喉から手が出るほど欲しいんじゃないでしょうか?(^^

・エアコンなしでひんやり 「空調ベッド/座布団」で猛暑を乗り切れ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/27/news094.html

>空調ベッド 「風眠」 は、プラスチック製スーパースペーサーをベッドシート状に敷き詰め、頭の部分以外は風を通さないシーツをかぶせる。頭部から入った空気が足下のファンから排出される際、熱と湿気を外に逃がす。スペーサーは下の素材の柔らかさをそのまま伝えるため、ごつごつした違和感はそれほど感じない。

>新製品 「空調座布団」 はスーパースペーサーをカバーで覆ったいす用座布団で、スイッチを入れるとお尻がすぐにひんやり。「空調座椅子」 も開発中。


同社は服のみならず様々な方面にも進出中のようです。こうなって来ると正に 「空調文化」 ですよな。いつかはコレが未来ツナギにまで発展するに違いないよ!

この地味ながらも順調な発展の背景には 「思った以上に効果がある」 という事もありましょうが、何より作り手の志の高さみたいなものがあるんじゃないか、という気がします。でなきゃとっくに大手が参入してそうなもんですしね。

そんなわけで hecomi.com は空調服を(勝手に脳内)応援しています。
posted by へこ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

負けず食わず

エキサイトニュース - 本当の意味での「食わず嫌い」について考えてみた
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091181737209.html

この記事を見て、そういえば自分も以前 「何故あの番組は食べた上で嫌いな物なのに 『食わず嫌い』 と称するのだろう…?」 と思った事があるのを思い出し、まぁそれはイイとしても 『負けず嫌い』 はやっぱりおかしいよな…?と連想して 『食わず嫌い 負けず嫌い』 で検索してみたらまあ居るわ居るわ、同じ事を考えてる御仁が山のよう。

そんな中、由来を簡潔かつ諸説網羅してたぽいのがここ。

気になることば - 負けず嫌いは「負け嫌い?」
http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2004/04/0426.html

むう…元々は 『負け嫌い』 だったのか!確かにgoo辞書にも載ってるぞ。やあスッキリ。

しかしひとつの言葉が
 『負けた事は無いが、負けるのは嫌い』
 『負けない事(=勝ち)が嫌い』
 『負ける事が嫌い』
と3つの意味に取られかねないというのは面白いですね。なんかこう、例えるなら 「グーとパーとチョキを兼ね備えた手の形」 みたいな。違うか。
posted by へこ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

タルク缶

先日テレ東のWBSで 『タルク缶』 なる物についてやっていたのですが、ながら観で肝心な辺りが頭に入って来なかった為、後で検索してみました。

・東洋製罐
http://www.toyo-seikan.co.jp/technique/tulc.html
http://eco.goo.ne.jp/business/keiei/keyperson/47-2.html
・”やのや”のリサイクル 白い缶底
http://www4.kcn.ne.jp/~yanoya/kansoko.html

見た目的には最近多い底が白い缶がそれのようで、従来の缶とは大分製法が違うらしく、汚水が出ない・産廃が少ない・CO排出が少ない・省エネ・リサイクル性が高い等、まさにイイ事ずくめ。

更には、従来の缶は内側にフェノール樹脂を塗ってたらしいのですが、それをPET膜に変えている為、中身の味や匂いが保たれ、また環境ホルモンの恐れも無いとの事。

なんかもう、缶は全部コレにすればいいじゃん!級の気さえしますが、今の所は東洋製罐にしか造れないらしいです。まあタルクという名前が 『TULC=Toyo Ultimate Canの略』 って事なので、他社が造る時は別の名前になりそうですけどね。
posted by へこ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ザ・スターガイド

レーザーガンみたいな天文ガイドが登場
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/11/news054.html

へ〜、なんか面白そうですね。微妙にかさばりそうだけど、使いながら「バキューン」て言う奴絶対いるぜ、とか考えるとやたら微笑ましい(^^

…でもこれ、もしかして同じ事がGPS付き携帯でも出来るのでは?感度的に難しいかな。でもまぁ早見表アプリとか、既にあったりするんでしょうなー。便利な世の中になったもんじゃ。
posted by へこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

改装、するに事欠いて

またまたご無沙汰してしまいました。

何も書くことが無いというほどでもないのですが、生来の筆不精がたたってこの体たらく。ニュース紹介系も熱が冷めてしまいましたし…。てゆーかブログってなんか他愛もない日記的な事が書きにくいんですよねー。人によるのかもしれませんけど。つかソフト更新とかしろって話ですけど(^^;

そんなこんなでこの辺りで心機一転するべく、デザインテンプレートを替えてみました。ついでにフォント大きくしたり行間も空けたので、大分読み易くなったんじゃないでしょうか。色味もグッと春っぽくなったネ!(多分夏以降もこのまんま)
posted by へこ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

俺に食わせる納豆がねぇ!

最近、納豆が買えなくて困ってます。

ご存知の方も多いでしょうが、原因はさる1月7日に放送されたあるある大事典です。なんでも朝晩2回、納豆を良くかき混ぜて20分くらいおいてから食べるとイイ成分が出来て痩せるんだとか。

普段から納豆を食べている身としては 「へぇー、じゃあ今度からかき混ぜて少しおいてから食べるかなぁ?」 てなもんですが、翌日から何処のスーパーにも納豆が無い。行くのが遅い時間だからってのもあるんでしょうが、にしても全銘柄無くなってるってのはスゴイ。しかも放映から10日以上経つのにいまだに続いてるし。

ううむ…いつぞやの寒天はすぐには増産きかなそうな代物だから判るけど、今度はある意味それ以上ですなぁ。ホント覿面よね。

そんなわけで最近とんと納豆を食してないわけなのですが、この現象で思うのは意外に 「納豆は食べられるけど普段あんまり食べてない」 人って多いのかもなーという事でした。まぁそりゃそうか。



≪2007/1/22 追記≫

■納豆データ捏造、「ひどすぎる」消費者が関テレに怒り
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070121it01.htm
■納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070120i314.htm

>取材や実験結果の大半は捏造だった。

ひゃあ。まさかこんな事になるとは…。

>「納豆が嫌いだけど、効果があるというから買いだめしてしまった。番組はうそをつくな」

やっぱこういう人多かったんだろうなぁ。
何はともあれ、また僕に納豆がまわって来そうです。
posted by へこ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

あけましてお久しぶり

やあやあ、随分と間が空いてしまいました。お久しぶりです。

いい加減水着絵がトップを飾っているのもなんなので、
とりあえず冬っぽい絵に変えてみました。
多分これがまた春になっても延々と…(^^;

というわけで今年も既にはや15日。
毎年この頃になると思う事があります。それは

『ああ、今年ももう24分の1が過ぎて
しまったのだなぁ…』


という事。そして

『このあっという間の半月を、あと23回
過ごしたらもう今年も終わるのだなぁ…』


とも!

そんなわけで地球温暖化よりもよっぽど恐ろしい、1年が
どんどん短くなるこの現象に地球レベルで警鐘を鳴らしつつ
今年もよろしくお願いしま〜す☆\(^∀^
(なんだこのネガティブ年始挨拶)
posted by へこ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

クールビズ最終解

殊更クールビズに限らず、涼しくなろうとするファッションは自然と薄着傾向へ向かうわけですが…そこには自ずと限界があるし、日差しが肌を直射してはかえって辛い。また、夏でもスーツを着ねばならない事も往々にしてある。上着を着ても涼しい…そんな絶妙な方法は無いものなのだろうか?

ツボを冷やして涼しくなる。冷却ベスト「冷やしてMe(みぃ〜)」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060713_coolvest/
炎天下でも快適?ウェアラブル冷房服が日本の夏を変える
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20060719/243743/

胴体の各ポイントを効果的に冷やす仕組み。防弾ならぬ防暖チョッキというわけだ。下に着ているシャツに関わらず手軽に着れて便利そう。しかし屋内であれば良いが、いまいち外向きではないのでは…。それにスーツを上から着てしまったら上手く排熱できなそうだし。

伝統の「打ち水」進化 ハイテク冷却新システム
http://www.sankei.co.jp/news/060816/kei023.htm
>特殊パネルを並べた壁面にチューブで水を循環させ、しみ出した水の蒸発にともう冷却作用で周囲の温度を下げる「クールウォール」を開発。「壁面打ち水」ともいえる同システムは、壁面周囲の体感気温を2〜3度低下させる。

まぁこれ、ぶっちゃけ打ち水って言うよりまんま 『汗』 ですが…しかし此処にこそ前問解決への足掛かりの一端はあった。…そう、服に汗をかかせれば良いのではないか!?

首輪型クーラー
http://japanese.engadget.com/2006/06/07/neck-cooler/
>静音ファンが内蔵タンクの水を絶えず蒸発させて熱を奪う。

↑こーゆー物もあるわけだしね。これをスーツレベルでやればそれなりに効果があるに違いない! が…外見的に服が湿ってるってのは一寸アレかな? 水のタンクも馬鹿にならない重さな気がするし…うぅむ、此処はやはり“あの服”しかないか!

真夏に長袖!なのに裸より涼しい「空調服」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0407/17/news001.html
“空調服”の効果をサーモグラフィで検証してみた
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0408/14/news014.html
これもクールビズ、「空調服」が世界進出
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/16/news060.html

結局は此処へ帰り着く…のだがしかし、空調服はそのファンがデザインを著しく蝕んでしまい、ブルゾンや作業着的な物なら良いが、スーツには決定的に似合わない。なら一体どうすれば…? …待てよ… システムからファン部を切り離し、外付けにしてしまえばどうだろうか!? そう…例えばベルトにしてみたら!



coolbelt.png

機能とスタイルの完璧な融合…。未来世界の地平がほの見えて来た!



≪関連記事≫
「空調ベッド」でさらば寝苦しい夜
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/19/news014.html
IT戦士の夏も安心! 空調服がUSBに対応
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/19/news015.html
空調服から空調ブラウス・USBにもつなげます
http://japanese.engadget.com/2006/06/07/kuchofuku-usb/
日本のクールビズ導入を! 猛暑の英国、労組が提唱
http://www.sankei.co.jp/news/060725/kok067.htm
究極のクールビズ!? 和装ブームで「ふんどし」注目
http://www.sankei.co.jp/news/060726/sha071.htm



…ところで、安田大サーカスの団長のキャストオフ後ってある意味究極のクールビズですね。ネクタイもしてるし。まぁどっちかってゆーとフールビズだけど…。
posted by へこ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

犯人は高校野球?

一寸前の話ですが、ある時から突然HDDレコーダーの時計が5秒前後遅れるようになってしまいました。自動補正してる筈なのにおかしいな…と思いつつ重篤な影響もないので放っておくと、暫くして元に戻りました。

そもそもこの自動補正って、確かNHK総合だか教育だかが定時に出してる信号を元にしてるんですよね。レコーダーの故障でなければ、信号が原因な筈。でもそんな事が…

…ん?そういえば元に戻ったのって、ちょうど高校野球が終わった頃だよな?…もしかして事の始まりも高校野球が始まった頃だったっけか??…もしやそのせいで正午の信号が阻害されていた!?!?

うーん、まぁあくまで憶測なわけですが…でももしそうだとしたらNHKにはどうにか対処して欲しいですね。てゆーか、他の人はなんともなかったんだろうか。…え、まさかうちだけ…?(^^;
posted by へこ at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

ノーパン自転車

パンク“撃退”タイヤ快走 自転車ツーキニストらの強い味方
http://www.sankei.co.jp/news/060622/bun044.htm

>空気の代わりにゲルを入れ、絶対パンクしないようにしたのが「リペアムゲル」。常温になるとゲル状に固まり、ほどよい弾力を持ったタイヤになる。前後輪で計2kgほど重くなるが、クギを刺してもパンクしない。前後輪7000円前後で、現在使っている自転車などを手軽にノーパンク加工できる。

へぇ〜、ゲルですかぁ!メーカーのサイトを見ると 「熱や水分による劣化がなく、非常に安定した性質」 「形状保持性に優れる」 「高い衝撃吸収力(高さ1mから生卵を落としても割れない)」 とあり、なかなか使えそうな雰囲気です。

>従来の発泡ウレタンを使ったノーパンクタイヤに比べ、へたりにくいのが特徴。

そうそう!そんな感じの(中身の詰まったパンクしない)タイヤが作れるんじゃないかと思ってたんだけど、既にあったんですねぇ。そしてやっぱりそれじゃへたれるのか。メーカーサイトにも 「ウレタンタイヤは雨や空気中の水分で加水分解してしまい経年劣化が激しく、半年から1年程でへたりが出てしまうことが多い」 とありますな。

んー、しかし気体、固体と来て今度はゲルか…。こうなりゃ次はもうプラズマしかないですね!(何がだ

株式会社 マステック
http://www3.ocn.ne.jp/~masstech/index1.htm



関連記事:

走りながらタイヤに空気を自動補充する自転車
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0401/09/news064.html
話題の「空気入れのいらない自転車」に乗ってみました
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0402/04/news043.html
posted by へこ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

ュじゃなくてェ

しばらく前に アタッシェケース というファイル暗号化ソフトを見付けた時、 「え?それを言うなら アタッシュ でしょ?」 と思いつつ特に調べもしなかったのですが、最近別の所でも 「ェ」 表記の所を幾つか立て続けに見て流石にコレはどういう事かと思い、グーグル先生に訊いてみました。

・アタッシュケース 約 675,000 件
・アタッシェケース 約 47,000 件


…ウム、やっぱり 「ュ」 じゃないですか。しかし念の為にと思い、Wikipedia先生にも訊いてみると…

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/166391/%B3%F3/detail.html
>かつて大使館員、特に大使館付駐在武官・書記官(アタッシェ(attach))が使用していたことからこの名がつく。“アタッシュ”は誤読。


“アタッシュ”は誤読。


…なにィィィ!? そ、そうだったのか…。ちなみにここによると、やはり八割方の人が誤読派らしい。だよねー。ボク独りじゃなかった!元は仏語なのが英語を通して入り 「ュ」 化したのでは、との事です。


関連サイト:
  ■言葉の誤用 - 間違って使っていませんか?
   http://starscafe.net/kotoba/misuse/
posted by へこ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

測距地図

■地図クリックで距離測定 歩行カロリー計算も
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/01/news128.html

>地図上を順にクリックしていくだけで距離を測定できる。ルート再生機能、移動手段別所要時間、消費カロリー計算機能も備えている。今後は、最短ルートが検索できるナビゲーション機能の実装も予定している。

これはメチャ便利だなぁ。今までも地図上の距離を測るソフトは2〜3見かけたけど、大抵 「マウスの移動距離」 で測るタイプだったんですよね。でもそれだとブレも拾いそうだし、今回のの方が使い勝手が良さそうです。

実は似たようなソフトを考えた事はあるんだけど、ただ 「考えただけ」 な上にコッチの方が余程高機能だ。シャッポを脱ぐぜ。
posted by へこ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

今年も夏が来〜るビズ

今年もビズるぜ!と政府が公言し、もしかしたらこの先根付くんかなーって感じがして来ましたね。まあかつての省エネルックと違って地球温暖化も背負ったWエコ{エコノミー&エコロジー}だし、背広を半袖にしたりしないし、イカス{?}名前も付いたしで、それも充分ありえそうです。

で、その流れに乗ってか乗らずか、こんな所も。

これぞ究極のクールビズ 広島市職員が浴衣で仕事
http://www.sankei.co.jp/news/060602/sha010.htm

そう来たか…!個人的には、大正風の袴姿なんかもイイのではないかと!色を渋めにして、役所の紋とか付ければ充分制服として通用しそうですよ〜、夏に限らず。で、男はもちろん羽織袴に帽子に扇子!{えー

どこぞの役場じゃ夏はアロハにしてるとかも聞きますし、この流れがどんどん広まって行けば面白いですね。観光要素としても活かすんなら早い者勝ちだぞ〜{笑}。特にメイド服は今が勝負だ!{もうクールビズ関係ねぇ}
posted by へこ at 04:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。