2008年01月02日

PC買替録(2):マシン探偵脳噛ネロ

…というわけでめでたくニューマシンに移行したわけなのですが、さてその後旧マシンでもそうしていたように、CPUやメモリの使用率を表示するソフトを早速常駐させたのです。すると…なんでか何もしていない時でもCPU使用率が常に50%前後ある。いい加減使い込まれて良く知らんプロセスがバックでガンガン動いてる状態ならまだ判るけど、初動間もないマシンでこれは無いんじゃない? それともPCってこーゆーものなのかなぁ…と思ってタスクマネージャ(これも98の時に比べて便利よね!)を見てみると、NMIndexStoreSrv.exeとかいうプロセスが件の50%を丸々食ってるじゃないですか。なんぞこれ。

で、調べてみると、どうも Nero 関係のプロセスらしい…。うん、確かに Nero 7 Essentials がプリインストールされてるね? で、この中の Nero Scout というソフトが、ローカル内でメディアファイルとかを素早く検索する為のツールらしいんだけど…そのインデックス作りをバックで行う為にやたらとCPUを食うらしいんですな。しかもデュアルコアだから50%で済んでたけど、シングルコアだとほぼ100%食われるらしいというとんでもない代物。うわ、要らない子だ!

…あ〜、そういや最初に起動した時に、タスクバーに Nero Search とかいうツールバーが入ってたな…。アレは Nero Scout の設定で 『Nero Searchをタスクバーに組み込む』 と 『Nero Scoutをエクスプローラに組み込む』 のチェックをオフにしたからもう問題なくなったかと思ってたんだけど、どうやら大元の 『Nero Scoutを使用』 からオフにしなきゃならなかったみたい。で、オフにしたら見事CPU使用率(アイドリング時)は0〜2%程度に下がったというわけです。快適、快適。

うーむ、しかし幾らマシンスペックが上がっても、それを簡単に食い潰すソフトがあるのは怖いですなぁ。一昔前から見たらマジでスパコン級なのに!

【関連記事】
PC買替録(1):外も中身も世代交代
posted by へこ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然レスしてすみません。

今までPCが重くなる原因だった
Nero Scout について色々ネットで探していたのですが
ようやくココで解決できました。

ありがとうございますorz
Posted by メタ at 2008年01月11日 18:59
お役に立てたみたいで、何よりです。
なんでも書いてみるものですね(^^
Posted by へこ@管理人 at 2008年01月14日 05:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。