2007年07月31日

ハ○○○王子

やれハンカチだのハニカミだの、最近急速に“王子”が台頭して来てますが、これってやはり長らく 『スポーツ界』 に欠け潜在的に待ち望まれたアイドル男子選手の登場に皆が飛びついた、という事なんでしょうね。助走としてはヨン様や氷川きよしとかが先行してた気もするけど、これには“王子”って付かなかったし。女子にはアイドル選手多かったんだけどねー。あ、そういや女子選手は“姫”とか呼ばれてませんな?

…で、なんで今更こんな事を書いたかというと、今日の昼間NHKをつけてたら高校野球の地区予選がやってて、それが 「八王子vs創価」 で、八王子選手の胸に書かれた 「八王子」 がもはや 「ハ○○○王子」 の略に見えて仕方ない自分がそこにいた…という事をご報告申し上げたかった次第なのです。

ああ、汚された気分。
posted by へこ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

ナンバリング2.0 (端数無き事の意図的表明)

ウェブにしろカップ焼きそばにしろ、ひとつ上のランクや次世代・倍盛り等を 『2.0』 と称する御時世にやや食傷気味となりながらも 『ダイハード4.0』 については 「流石に勇み足ではないか?」 「せめて3.0を経るべきでは?」 「…なら何か、今夏公開のあの邦画はさしずめ 『釣りバカ日誌18.0』 か?」 とお思いの皆さん、こんにちは。へこです。

でまぁ、ソフトウェアならばいざ知らず、映画のバージョンなんて自然数オンリーなんだから 『.0』 とか意味無いだろ!と普通は考えますがさにあらず。一部で有名なDSゲーム 『おさわり探偵 小沢里奈』 の続編タイトルは 『おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2』 。 『2』 が無いにも関わらずの 『2 1/2』 です。

多分この発想は、映画 『裸の銃を持つ男 2 1/2』 から戴いた物でしょう。 『シーズン』 が付く辺りが今風です (ちなみに筆者の知人は 『ロスト』 のシーズン1を 『ロスト・シーズン』 の1作目だと勘違いしてました)。でもって 『裸の〜』 の3作目が 『33 1/3』 だった事を考えると、もし 『おさわり〜』 の3作目が出たらやはりそれに習うのかなーと今から勘繰っております。

おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 〜里奈は見た!いや、見てない〜


おさわり探偵 小沢里奈 ぐっどぷらいす


…あとかなりどうでもイイ話ですが、今夏の釣りバカは 『18』 なのに何故か20作目らしいですね。

2007年07月01日

空調戦線順調ナリ

かつて最初に紹介記事を見た時は 「うわー、こりゃまた力押しの物が来たなぁ」 と誰しもが思ったであろう空調服ですが、クールビズと同じく意外にも長続きしているというか、着実に商品展開を広げているみたいですね。

・手術服も長ズボンも「裸より涼しく」 「空調服」に今年も新作
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/27/news095.html

>従来のタイプに加え、ニーズの大きかったズボンタイプも発売。応用範囲はレインコートや手術服にまで広がっており、ホンダのバイクウエアにも採用された。

>同社にはさまざまな分野から 「空調服化」 の声がかかるという。その1つが医療分野。手術中、医師は密閉性の高い手術服を着用しなくてはならないが、患者は裸で寝ているため室温を下げるわけにはいかない。


そこで通常の空調服の上に手術服を重ねる事にし、ファン部に空気が通るよう専用スペーサーを開発したとの事。よもやこんな高尚な舞台にまで進出するとは…。同じ方法でレインコートなど色々と応用できるらしい。空調雨合羽ってのは良いですね。

あとアレだ。アトラクションや特撮の着ぐるみ関係の人なんて、喉から手が出るほど欲しいんじゃないでしょうか?(^^

・エアコンなしでひんやり 「空調ベッド/座布団」で猛暑を乗り切れ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/27/news094.html

>空調ベッド 「風眠」 は、プラスチック製スーパースペーサーをベッドシート状に敷き詰め、頭の部分以外は風を通さないシーツをかぶせる。頭部から入った空気が足下のファンから排出される際、熱と湿気を外に逃がす。スペーサーは下の素材の柔らかさをそのまま伝えるため、ごつごつした違和感はそれほど感じない。

>新製品 「空調座布団」 はスーパースペーサーをカバーで覆ったいす用座布団で、スイッチを入れるとお尻がすぐにひんやり。「空調座椅子」 も開発中。


同社は服のみならず様々な方面にも進出中のようです。こうなって来ると正に 「空調文化」 ですよな。いつかはコレが未来ツナギにまで発展するに違いないよ!

この地味ながらも順調な発展の背景には 「思った以上に効果がある」 という事もありましょうが、何より作り手の志の高さみたいなものがあるんじゃないか、という気がします。でなきゃとっくに大手が参入してそうなもんですしね。

そんなわけで hecomi.com は空調服を(勝手に脳内)応援しています。
posted by へこ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。