2006年07月01日

ノーパン自転車

パンク“撃退”タイヤ快走 自転車ツーキニストらの強い味方
http://www.sankei.co.jp/news/060622/bun044.htm

>空気の代わりにゲルを入れ、絶対パンクしないようにしたのが「リペアムゲル」。常温になるとゲル状に固まり、ほどよい弾力を持ったタイヤになる。前後輪で計2kgほど重くなるが、クギを刺してもパンクしない。前後輪7000円前後で、現在使っている自転車などを手軽にノーパンク加工できる。

へぇ〜、ゲルですかぁ!メーカーのサイトを見ると 「熱や水分による劣化がなく、非常に安定した性質」 「形状保持性に優れる」 「高い衝撃吸収力(高さ1mから生卵を落としても割れない)」 とあり、なかなか使えそうな雰囲気です。

>従来の発泡ウレタンを使ったノーパンクタイヤに比べ、へたりにくいのが特徴。

そうそう!そんな感じの(中身の詰まったパンクしない)タイヤが作れるんじゃないかと思ってたんだけど、既にあったんですねぇ。そしてやっぱりそれじゃへたれるのか。メーカーサイトにも 「ウレタンタイヤは雨や空気中の水分で加水分解してしまい経年劣化が激しく、半年から1年程でへたりが出てしまうことが多い」 とありますな。

んー、しかし気体、固体と来て今度はゲルか…。こうなりゃ次はもうプラズマしかないですね!(何がだ

株式会社 マステック
http://www3.ocn.ne.jp/~masstech/index1.htm



関連記事:

走りながらタイヤに空気を自動補充する自転車
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0401/09/news064.html
話題の「空気入れのいらない自転車」に乗ってみました
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0402/04/news043.html
posted by へこ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。