2014年08月19日

洋菓子店ギャラクシー

また少し(少し?)間が空いてしまいました(^^;

タイトル通り、先々週のサンデー合併号に掲載されていた若木民喜先生の読み切り『洋菓子店ギャラクシー』の感想です。

既に読んだ人向けという事で詳しい紹介は省きますが、大雑把に言えば「潰れて一家心中寸前の洋菓子店に宇宙帝国の侵略員(1名)がやって来て、なんやかんやで一緒にケーキを作る事になる」です。

45頁もある本作ですが、読後の率直な感想は「ゆるふわだなー」でした。運動部系女子とケーキ。作者の好きなもので固めた、某ラノベ風に言えば「100%趣味で書かれた漫画です」みたいな趣きがあったり。

趣味なのはいいのですが、気になったのは、何処に入れ込んで読めばいいのかよく分からない事です。そもそもヒロインは何故お店を潰したくないの? 何故あの店とケーキにこだわってるの? ケーキ、祖父、店・・・何処にも強い思い入れがあるようには見えないし、しかもヒロインはケーキ作りはド素人。設定と人物の繋がりが弱いので、ドラマ性も自然と脆弱に。

女の子が可愛ければいいじゃん! という考えもアリですが、個人的には45頁もたせられるほど可愛さに特化しているようには見えませんでした。運動部系の設定も活きてるような活きてないような。

作者の無類のケーキ好きを活かして「好きこそものの上手なれ」を極めるのも一つの手ですが、せいぜいケーキ作りにおけるちょっとした豆知識が出て来る程度で「さすが!」って感じはあんまり・・・。

で、このままだとそもそも「ケーキ店のお話」が始まってくれないレベルなので、強制力として冒頭に「心中話」があるわけですが、(なぜ借金を店の復活以外で解決しようとしないのかがやっぱり分からないのは置いておくとしても)結局これも途中で投げっ放しになっています。なにしろ父親は後半全く出て来ませんしね。つまるところ話の主軸には成れていないという。

総じて、色んな意味で中途半端だ、という印象です。

・・・とまぁ色々あしざまに書きましたが、おそらく作者はこれらのほとんどに自覚的なのだろうな、と思います。その証拠に・・・というほどではないですが、掲載直後にTwitter上で作者ととある読者の間にこんなやり取りが。

@Ei_Yas: オンナノコが可愛いだけで内容的にはヤマなしオチなし意味なしでケーキ作るだけの話で、漫画としてどこを面白がらせようとしたのかさえ理解できませんでした。ケーキ作りの学習漫画かケーキ作りをネタにした科学漫画です、これじゃ。
@angelfrench: 見事な分析。そういうものを描いたのです。
@angelfrench: 女の子がかわいかったら意味はあるけどね。むしろ、意味が一杯あるんだよ。読み切りだから、こんなごった煮で出せる。

個人的には、読み切りだからこそフリやオチをしっかり作らないと満足感に関わるのでは・・・と思うのですが、確かに作品のスタイルというのはそういうものばかりではないですよね。

──なんとなく思ったのですが、もしかしたら作者は、80年代位の読み切り少女漫画、それもSFやファンタジー要素のあるボーイミーツガールなナンセンスコメディ辺りを志向していたのではないでしょうか?(ここで個人的に思い出したのはめるへんめーかーとかその辺り・・・^^)

そう考えると色々合点が行くような気は(勝手に)して来ました。勿論それが上手く行ったかどうかはまた別の話ですが(作風とのマッチングやセンスが必要な難しいものでしょうからね)。でも振り返ってみれば、神のみの中でも既にその兆候はあった気がします。栞とのカシラギ云々の辺りなんか特に。
posted by へこ at 22:17| Comment(0) | アニメ・漫画・映画・ゲーム等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

一回休み

昨日のニチアサタイムは駅伝で潰れてました。
こういう事があるたびにいつも思う事があります。それは・・・


レコーダーの予約、『一回休み』に出来れば良いのに!


潰れていると分かってるのに、むざむざ録る事になるもどかしさ・・・!

いやまあ、そんな事でそうそうHDDがへたりはしないでしょうが・・・
でも、容量が(一時的に)減るじゃないですか!

いつもHDD満タン近い状態で使ってる身としては、
何時うっかりその後に容量不足が起きてしまうか危なっかしくて
仕方がないじゃないですかーッ!!(こまめに減らしなさいょ´・ω・`

『一時停止』とかでもまあ良いのですが、それだと再開し忘れる恐れも。
自動判断も信頼しきれなそうだし、まあ手動でやる事は厭いません。
そんなわけで『一回休み』機能、あれば良いのになーと思う次第です。

もしかしてメーカーや機種によってはとっくにあったりするのかしら?


・・・てなわけで、一回どころか5年以上(!)も休んでしまいましたが、
無くなってたやる気も微妙に回復してきたのでとりあえず再開してみました。
ぼちぼちまた時々更新していきたいかなーと思います。
ではではヽ(´∀`)ノ
posted by へこ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

もすこし堪えてよアマゾン

最近アマゾンが堪えてくれません。とほー。

一体何をかと言うと、「一括注文」 形式で一度に複数の品物を注文した時にまだ未発売の物が混じっていた場合、本来なら全ての品が確保されるまで発送はしませんよね。なのに何故か一部が確保された時点でそれだけ先に分割発送されてしまう事が増えたのです。

以前から時々ありはしたんですけど、最近やたらと頻度が高くなったような…。気のせいなのかなー。自分だけ? まぁ余計に送料とられるわけじゃないから良いっちゃ良いんですが、受け取り回数が増えるのが少々面倒ではありますのよな(^^;

勿論、この方が望ましいって人も多いとは思うんですけどね…。とはいえ、出来たら 「絶対一括」 と 「状況に応じて分割可」 を選べたら尚良いんじゃないかなーという気はします。
posted by へこ at 04:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

西が左で東が右で

エスカレーターの追い越しマナー(?)は 「関東は右側、関西は左側を空けておく」 というのが有名ですよね。なんでも岐阜県辺りが境界で、そこでは右派も左派も半々位なんだとか。なんか蕎麦つゆを髣髴とさせて面白い話ですが…エスカレーターの方にも何某かの文化的な背景があるんですかね?

で、ネット上で調べてみると、幾つかの説が散見されました。

【1】自動車の影響(車は右側が追い越し車線だから)。関西が逆なのは、大阪万博の影響のため(諸外国は左側が追い越し車線)。

【2】大阪万博の際、主に左空けが標準だった欧米諸国にならったため、関西ではそれが定着。その後エスカレーターが増えるににつれ、関東では従来からの習慣(追い越しは右側)によって逆となった。

【3】武家社会の頃は、武士同士がすれ違う時、刀の鞘が当って喧嘩にならないように、人は左側通行だった。昭和になって道路交通法で人は右側通行、車は左側通行に変更された。関西は古い慣習を残し、関東は新しい習慣に従っている。

…こうしてみると、いずれの説にせよエスカレーターでの追い越しってかなり早くからあったんですかね。もっと最近の話かと思ってました。【3】の説がエスカレーターの追い越し者を 『歩行者』 になぞらえてるのか 『追い越し車線』 になぞらえてるのか判別付きませんが…まぁ、どれもそれっぽくはあるけど、腑にまでは落ちない、と感じるのは自分だけでしょうか。多分交通ルールが元になってるのは間違いないと思うけど、ならなぜ西と東で逆になるのか? そこには歴史的経緯だけでなく、もっとこう… 『気質』 に根差す理由があるんではないか?

関東人である自分からみて、関東の 「追い越しは右」 ルールのベースになっている感覚は十中八九 『車同士の場合、追い越しは右』 だと思います (もしかしたら 『歩行者は右』 も並立してるかも)。これは 『左側に立つ人=普通に走ってる車』 『右側で追い越す人=スピード上げて追い越してる車』 というなぞらえであり、そこには左側がノーマル、右側がイレギュラーという感覚があると思います。

では関西は何故 「追い越しは左」 になるのか? …全くの憶測ですが、そのベース感覚は 『車は左、人(歩行者)は右』 じゃないでしょうか。関東の場合は 『車同士』 ですが、関西の場合は 『車と人』 の関係です。そして車社会的に考えれば、ノーマルなのは車(左側)の方であり、人(右側)はあえてスピードを落としているイレギュラーだ、となぞらえられます。

…つまりエスカレーターにおいて、関東では歩かない事が、関西では歩く事がデフォルトなんじゃないでしょうか!? こう考えると、地域的な気質を背景にしたある意味で腑に落ちる筋立てになると思うのですが、どうでしょう! …いや、どうでしょうって言うには余りに大雑把なんですけども(汗)。てゆーか、もし関西の人の気質を見誤ってたらスミマセン(^^;

そもそも日本だけ見ても 『関東・福岡・北海道・長野・岡山は右空け、関西・仙台は左空け』 だったり、その手の習慣の無い地方も多いなど、わりに複雑らしいですし…外国でも 『ロンドン・ワシントン・ボストン・香港・ソウル・モスクワの地下鉄は左空け、シンガポール・オーストラリア・ニュージーランドは右空け。国際的には左空けが多数』 で、必ずしも交通ルールとは一致しないようです。もしこれらの大半がその土地の人の気質と関連するなら先の説も有力になるかもしれませんが…まぁ、それは無いでしょうね(^^;。もしそうだったら面白いんですけどね〜。


≪参考≫
エスカレータ - Wikipedia
ITコンシェルジュの Try ! & Error ? > エスカレータは歩行禁止?!
@nifty:デイリーポータルZ:エスカレーター、右側に立つのか左側に立つのか


…余談ですが、交通ルール的なものとは全く関係の無い所での気質的・文化的理由も考えられますね。例えば 『左右どちらの手を空け、どちらの手で手摺をつかみ、どちらの手に荷物を持ちたいか』 『どっちの肩に荷物をかけるか』 みたいな。
posted by へこ at 18:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

CDケースのコツ

いまさら聞けない?! CDケース「本当」の開け方!
http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU20060125A/index.htm

凄ぇぇぇぇ!!! ホンットにすんなり余りにも何の抵抗も無く開いた! 感激!!!

ってまぁ、知ってる人にとっては何を今更なんでしょうけどね…(^^;。でも実際、知らなかった人はそれなりにいるんじゃないでしょうか? あ〜もう、なんで今まで知らなかったんだろう! ケースに説明書でも付けといてくれれば良いのに(それも何か?^^;)。つーか、なんか如何にも伊藤家の食卓とかで紹介されてそうだけど…元々そう作られてるってんだから、別に『ウラ技』じゃないわけよね。トリビアならアリか。


続・今さら聞けない! CD「本当」の取り出し方!
http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU20060205A/index.htm

これもさっきのほど目からウロコじゃないにしろ、こうしてハッキリ方法論として提示してもらえると結構ありがたいかも。今まではその時ごとになんとなくな方法で取り出してて、上手くいったりいかなかったりしてたので…。ディスクをたわませながら取ると、なんか長持ちしなくなりそうで怖かったんだよねー(^^;
posted by へこ at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

新東京タワー

少し前のニュースですが…

あなたはどれを選ぶ? 『東京EDOタワー』など新東京タワーの名称候補が決定
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/03/19/051/
狙いすぎ!? 疑問の声あがる“新東京タワー”の名称候補
http://www.cyzo.com/2008/03/post_434.html
2008.4.1〜 新タワー ネーミング全国投票、はじまる。
http://tower-naming.jp/index.html

 ・東京EDOタワー
 ・東京スカイツリー
 ・みらいタワー
 ・ゆめみやぐら
 ・ライジングイーストタワー
 ・ライジングタワー


…見事にどれも微妙ですね。正直この中から選べと言われても…。しかも公募の上位20位群を見ると、そのまま採用されたものはひとつも無くて、要素をつぎはぎした感じ。『ゆめみやぐら』に至っては影も形も無いし(笑)。

であれば、今から更に上の6案をつぎはぎすれば、ちゃんと候補から選んだ事になるんじゃないか? …というわけで、こんなのを考えてみました。


・東京みらいジングタワーEDOみやぐら


──どうです、6案の各要素を遺憾なく拾い上げたこの妙案は! …ダメですか。ダメですよね。確かに『スカイ』と『イースト』を入れ損ねてるしな〜(違

うーん、やっぱ今からでも1から考えさせてくれないですかねぇ。というわけで、無駄と知りつつ幾つか考えてみましたよ。

『サムライジングタワー』 『フジヤマタワー』  ←外人にはウケるかも?
『東京タワーMk-II』 『ネオ東京タワー』  ←30代後半が一度は考えそうなネタ。
『蜘蛛の糸』
『大江戸一本槍』  ←なんか江戸っ子っぽい感じで。
『大江戸ロケット』
『俗・東京タワー』  ←絶望した!
『東京バビロン』  ←展望台で「ここには人間なんていないよー!」ごっこが流行ったり(しません
『ロングホーン』  ←MSをスポンサーに。
『ユニコーンタワー』  ←ユニコをマスコットに。
『ジャイアントコーン』 『とんがりコーン』  ←ネーミングライツとかで。
『新・通天閣』  ←意外性を狙ってみました。

え〜と…なんだかもうどうでも良くなって来ました(^^;。とりあえずこうして考えみててなんとなく、上位20位に『東京タワー2.0』が無いのって微妙に意外だな〜、と思った次第です。
posted by へこ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

PC買替録(3):黄泉返れ!自動戦士ログオン

最初にOSを起ち上げ、ネットに繋いで真っ先にする事。
それは Windows Update だろ常考…。

というわけで、初動早々ニューマシンをパッチまみれにしたわけですよ。で、ついでに必要になりそうなソフトも色々とインストールorアップデート。MicroSoft の以外にも、FlashPlayer だの Acrobat Reader だの Quick Time Player だのと色々いっときました。

で、後日起動した時にふと、最初の内は無かったログオンユーザー選択画面が出るのに気付いたんですな。自動でログオンしてくれないので、ひと手間増えた形に。おかしいなあ…選択ったってユーザー数は1個のままなのになんで? コントロールパネルのユーザーアカウント設定が変更でもされたのかいな…。

…アレ、設定画面を見ると…なんかユーザーが増えてるぞ??

ASP.NET Machine A…それが新しいユーザーの名前。うーむ、とんと身に覚えが無いんですが。多分インストールしたソフトのどれかがやったんだろうけど、なんか怖いなあ。で、調べてみると、どうやら.NET Framework 1.1を入れると追加される隠しアカウントだとの事。ええー、なんと迷惑なっ。

で、記事によっては別にこのアカウントは削除しちゃっても大丈夫みたいな事が書いてあるけど、公式な見解かどうか判らないし、それもなあ…と思ったので、とりあえず窓の手でその旨設定したら、普通に自動ログオンしてくれるようになったのでした。めでたし、めでたし。やっぱ窓の手は入れといて損のないソフトですな!

【関連記事】
PC買替録(1):外も中身も世代交代
PC買替録(2):マシン探偵脳噛ネロ
posted by へこ at 02:17| Comment(1) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

PC買替録(2):マシン探偵脳噛ネロ

…というわけでめでたくニューマシンに移行したわけなのですが、さてその後旧マシンでもそうしていたように、CPUやメモリの使用率を表示するソフトを早速常駐させたのです。すると…なんでか何もしていない時でもCPU使用率が常に50%前後ある。いい加減使い込まれて良く知らんプロセスがバックでガンガン動いてる状態ならまだ判るけど、初動間もないマシンでこれは無いんじゃない? それともPCってこーゆーものなのかなぁ…と思ってタスクマネージャ(これも98の時に比べて便利よね!)を見てみると、NMIndexStoreSrv.exeとかいうプロセスが件の50%を丸々食ってるじゃないですか。なんぞこれ。

で、調べてみると、どうも Nero 関係のプロセスらしい…。うん、確かに Nero 7 Essentials がプリインストールされてるね? で、この中の Nero Scout というソフトが、ローカル内でメディアファイルとかを素早く検索する為のツールらしいんだけど…そのインデックス作りをバックで行う為にやたらとCPUを食うらしいんですな。しかもデュアルコアだから50%で済んでたけど、シングルコアだとほぼ100%食われるらしいというとんでもない代物。うわ、要らない子だ!

…あ〜、そういや最初に起動した時に、タスクバーに Nero Search とかいうツールバーが入ってたな…。アレは Nero Scout の設定で 『Nero Searchをタスクバーに組み込む』 と 『Nero Scoutをエクスプローラに組み込む』 のチェックをオフにしたからもう問題なくなったかと思ってたんだけど、どうやら大元の 『Nero Scoutを使用』 からオフにしなきゃならなかったみたい。で、オフにしたら見事CPU使用率(アイドリング時)は0〜2%程度に下がったというわけです。快適、快適。

うーむ、しかし幾らマシンスペックが上がっても、それを簡単に食い潰すソフトがあるのは怖いですなぁ。一昔前から見たらマジでスパコン級なのに!

【関連記事】
PC買替録(1):外も中身も世代交代
posted by へこ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。